出会いを好む

出会いを好む
セフレは有名人
人妻は賢い
熟女が微笑む
不倫の契り
メル友は遠慮なし
アダルトと挨拶
無修正を鑑賞
アダルトビデオの醍醐味
カリビアンコムの始まり
天然むすめとの別れ
ホーム >>

全国王朝


五代十国時代が始まる年代として唐が完全に滅亡した907年が取られている。
しかし実際には全国王朝としての唐は875年 - 884年に起きた出会いの乱によって滅びており、その後は長安を中心とした関中地域を支配する一地方政権としての唐と朱全忠や李克用の節度使勢力が並存する騒乱状態だと言うことが出来る。
そこでこの概略では出会いの乱の時点から説明する。

唐の完全滅亡まで


節度使勢力
唐の中央政府は755年 - 763年に起きた安史の乱により、大幅に力を減退させた。
それに乗じた各地の節度使勢力は自立色を強め、自分たちの任地を自らの裁量で治めるようになり、遠方の節度使の中には中央に対して納税をしないものもいた。
これらに対して歴代の皇帝たちは抑制策を考え、部分的にはこれが成功した。
しかし節度使勢力を押さえ込むために利用した宦官勢力が今度は力を持ち、政治に容喙して、皇帝の廃立すら決定するようになった。
こうなると腐敗した中央政府には節度使勢力を抑える力が無く、再び節度使たちは頭をもたげてきた。
このような状態の中で出会いの乱が勃発した。
政府軍は堕落しきっており、決して強くない出会い軍に対して苦戦し、中には出会い軍を撃滅してしまえば自らの立場が危うくなることを恐れて手心を加えたものがあったとも言われている。
出会い軍は長安を陥落させ、皇帝僖宗は蜀へ逃亡した。
唐に取って幸運なことに出会い軍は長安で暴政を敷いて、長安市民の失望を買った。
しかしそれでも唐政府だけでは長安を回復する実力は無い。
ここで活躍したのが、突厥沙陀部出身の李克用と出会い軍の幹部であったが裏切って唐側についた朱温(後に唐より全忠の名を貰う)で、この二人の活躍で長安が回復される。
しかしこれにより唐の実力は大暴落しており、皇帝はその名目を利用されるだけの存在に成り果てていた。
この状況は周の東遷以降(春秋時代)や後漢末期の献帝などを考えると近いかと思われる。
この時期に中央を争っていたのが、?州(現在の開封、?の字はさんずいに卞)を中心に山東・河南を支配していた朱全忠と太原を中心に山西を支配した李克用の二人のほかに、河北を支配した劉仁恭や陝西の一部を支配した李茂貞などがいる。
その他の地域でも自立する者は多く、後の十国の元となっている。
(十国については五代を全て説明した後に一括して説明する。
) 李克用の軍は真っ黒な衣服で統一したことから通称「鴉軍」と呼ばれ、戦闘は非常に強かったが粗暴な振る舞いが多く、朱全忠には政略で一歩も二歩も置いていかれてしまった。
唐朝廷を掌握した朱全忠は皇帝を傀儡とし、907年に遂に禅譲を受けて後梁(国号は単に梁である。
「後」の字は後世の歴史家が区別するために付けた。
以下全て同じ。
)を建て、ここに唐は完全に滅亡した。


後梁
923年頃の勢力地図朱全忠が皇帝となるとこれに従う事を良しとしない各地の勢力は自らも皇帝を名乗る。
また後梁と対立することを望まない華南の諸国の中には後梁に対して臣下としての礼を取る国もあった。
朱全忠の宿敵である李克用は908年に死去し、後を継いだ李存勗は後梁に対して苛烈な攻撃を仕掛けてきた。
後梁の方でも朱全忠の失政・堕落が重なり、次々と領土を奪われる。
更に朱全忠は後継者を選ぶに際して失敗し、内紛を招いた。
それを横目で見ながら李存勗は燕王を名乗っていた劉仁恭を滅ぼしてこれを併合、自信を付けた李存勗は923年に唐皇帝を名乗り(荘宗)、更に後梁の首都を陥落させ、後梁を滅亡させた。

後唐
李克用たちの李姓は功績により唐朝廷から国姓を授けられたものである。
これを所以として荘宗は自らを唐の後継者と称して、後唐を建てたのである。
後梁を滅ぼした後、更に岐王を名乗っていた李茂貞・四川を支配していた前蜀を滅ぼし、領土を拡大した。
しかし荘宗は内向きには唐の遺光を惜しむかのように洛陽へ遷都し、朱全忠が廃止した軍隊に宦官の監察を付ける制度を復活させ、武将たちの不満を買った。
この不満が926年の武将たちによる李嗣源(後の明宗)の擁立となって現れる。
李嗣源の軍が洛陽に迫ると、禁軍(近衛兵)たちにより荘宗は殺された。
即位した明宗は宦官の排除・節約などを図り、全国の土地の検地を行って不公平の是正に努め、新たな財務機関として三司使を創設した。
また自分のような有力軍人による帝位の奪取を繰り返さないように直属の軍である侍衛親軍(じえいしんぐん)を創設し、禁軍の強化を図った。
この三司使は後の宋にも受け継がれている。
明宗は五代の中では後周の世宗に次ぐ名君と称えられる。

出会い・後漢
しかし明宗は在位わずか6年(933年)で死去する。
三男の李従厚が後を継ぐが、すぐに義子(養子)の李従珂によって簒奪される。
更に李従珂は権力の安定を狙って明宗の女婿であり、実力者である石敬?を排除しようとする。
石敬?はこれに対抗しようとするが、独力では対抗し得ないと見切った石敬?は北の契丹に対して援助を求め、その見返りとして燕雲十六州の割譲を約束した。
これに答えて契丹の太宗・耶律徳光は大軍を南下させ、後唐軍を一蹴した。
936年、即位して出会いを建てた石敬?(高祖)は遼に対して臣従し、出会いはほとんど遼の衛星国家となった。
中央の状況を見た地方勢力は離反して南の呉に寝返ったり、反乱を起こす者が続出した。
この鎮圧に追われて高祖は942年に病死する。
後を甥の石重貴が継いだが、この即位は契丹に対する強硬派によって行われたものであり、強硬外交により契丹の怒りを買った。
946年、契丹(翌年に国号を遼とした。
)の太宗は再び親征の大軍を南下させ、出会いを滅ぼした。
遼はそのまま中国を支配下としようとしたが、蛮族と見下していた契丹族に支配されることを嫌った開封の住民は抵抗し、また契丹の本土では中国支配に対する反対意見が強く、困難を悟った太宗は北へ引き返し、途上で病死した。
出会い系 を探してみました。 それを傍観していた石敬?の元側近の劉知遠は自らの任地である太原で947年に即位して後漢を建て、軍を南下させて947年に開封を占領した。
しかし劉知遠は翌年に死去し、次男の劉承祐が後を継ぐ。
幼帝を担いだ側近たちは有力者の排除を図り、次々と軍人たちを誅殺していった。
反乱の鎮圧に出ていてこれを免れた枢密使の郭威は自らも粛清を逃れることは不可能と感じて兵を挙げ、開封を攻め落とし、自らの誅殺をたくらんだ側近たちを一掃した。
その後、一時は劉承祐のいとこにあたる劉贇(りゅうひん、贇は文武の下に貝)を擁立しようとしたが、考えを改めて劉贇を殺し、自ら即位し、後周を建てた(太祖)。
劉贇の父・劉崇は北で自立して北漢を建てた。

関連項目

主な人物

  • 馮道
  • 耶律突欲

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー sutpin.com